ホットヨガ LAVA 大阪

ホットヨガの冷え性改善効果

一年を通して、下肢や指先が冷たく、パンパンに浮腫んでしまったり、時には痛みを伴うこともある冷え性。
どんなに温めたとしても、改善することができず、辛い思いをしている女性は多いのではないでしょうか?
冬はもちろんのこと、近頃は夏でも冷房のきいた室内で冷えを感じるという方も多いようです。
冷えは、体の不調のサインでもあります。
むくみや肩こり、便秘など、さまざまな症状を引き起こす可能性があります。

 

そんな悩みを解消するために定期的にマッサージサロンや整骨院に通う人も多いようですが、意外にも、冷え性を改善するためには、体の内側から温まることができるホットヨガがおすすめです。

 

高温多湿の環境で行うホットヨガは、体温が上昇し、全身から大量の汗をかきます。
筋肉を動かすことで血流が良くなるため、冷え性改善効果が期待できます。
そもそも、冷え性の原因は女性には皮下脂肪が多く体内の温度を伝えにくいということにあります。
また、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、ストレスなどの緊張状態によって引き起こしている場合もあります。

 

ホットヨガでは高温多湿の環境の中でからだ全体を動かすことが多いため、体が温まりやすくなり、汗もかきやすくなります。
また、ホットヨガにはインナーマッスルを鍛えて基礎代謝をアップする効果があります。
つまり、からだの内側からあたたかくしていくことができるため、冷え性改善を図ることができると考えれらます。
そして、ヨガの基礎ともいえる深い腹式呼吸は自律神経を整えリラックス状態へと導くことができ、冷え性の原因とも考えられるストレスの解消へとつながっていくのです。